飲むコラーゲンでニキビができたら注意が必要

ニキビができたら注意が必要

飲むコラーゲンが原因でニキビが増えてしまうことがあります。

 

コラーゲンの働きによって皮脂を増やしていくので

 

これが働き過ぎてしまい皮脂の分泌が多くなり過ぎてしまう場合、毛穴の周辺にある角質が皮脂の多くなり過ぎた分泌のために厚くなってしまい、それが原因となって毛穴が皮脂によって詰まりやすくなってしまいます。

 

毛穴が詰まってしまうとアクネ菌の繁殖が過剰に

  • 炎症が起こり
  • ニキビができてしまったり

悪化させてしまったりします

コラーゲンの繁殖が過剰になる以外でもニキビができるとがあります。

 

寝不足やスキンケアの方法が間違っている時や脂肪分が多い食品や糖分などを摂りすぎている場合ですが、これらのコラーゲンの摂取と重なってできてしまったり悪化したりします。

 

飲むコラーゲンで良くなるニキビのタイプ

飲むコラーゲンの摂取によってニキビの症状が良くなるタイプがあります。

 

そのタイプは乾燥が原因によってできてしまったものや大人ニキビ

 

大人ニキビには効果が

皮脂の量が少ない時には肌の表面が乾燥してしまうため、角質層にある水に蒸発がすすみ、それが原因で角質が硬くなってしまうため次第に毛穴が狭くなり詰りやすくなっていまいます。

 

狭くなってしまった毛穴は少しの皮脂であってもすぐに詰まってしまう為、皮膚が乾燥している時でもニキビはできてしまうのです。皮脂の分泌を多くするので肌の乾燥を防ぐために水分量が多くなり、乾燥を防ぐため良くなります。

 

大人ニキビは生理やストレス、化粧をすることでお肌の角質を傷めてしまうためにきびができてしまいます。これらに対して、飲むコラーゲンを摂取することでお肌の新陳代謝が促進され治りやすくなります。

コラーゲンで悪くなるニキビのタイプ

飲むコラーゲンが原因となって悪化してしまうタイプもあります。

そのタイプは

  • 思春期にできてしまうニキビ
  • 30代のオイリー肌によるニキビ

これらのニキビは皮脂の量が増えてしまうとニキビが悪化してしまう事があります。思春期にきびは皮脂が原因となっているため、飲むコラーゲンは皮脂の分泌を促進する働きがあるので増えてしまうのです。

 

30代のオイリー肌のニキビも多くなってしまた皮脂の分泌が原因となっているので、飲むコラーゲンを摂取すると皮脂の分泌が促進されてしまう為

 

ニキビを悪化させてしまう事があるので、飲むコラーゲンの摂取は控えた方が良いと言えます。特に動物性のコラーゲンは皮脂の分泌を特に多くしてしまう働きがあるので注意が必要

 

 

>>飲むコラーゲンランキング TOP